お父さんのこと好き…?女子中高生の率直な意見を聞いてみた!お父さんに関する調査

お父さんのこと好き…?女子中高生の率直な意見を聞いてみた!お父さんに関する調査

もうすぐ父の日!思春期を迎えるイマドキ女子中高生は身近な存在であるお父さんについてどのように思っているのでしょうか?
全国の娘を持つお父さんが気になるであろう、「お父さんについて」調査をしてみました。

回答者の属性

回答者の属性は、中学生が5割、高校生が4割、年齢は13~15歳がボリュームゾーンとなりました。

図1 アンケート回答者の属性[N=838 SA]

回答者の属性のグラフ

図2 アンケート回答者の年齢[N=838 SA]

回答者の年齢のグラフ

女子中高生の半分がお父さんを「好き!」と回答。お父さんの点数はズバリ何点?

最初に、女子中高生を対象に「お父さんが好きか」どうかを聞いてみました。「好き(57.9%)」と回答したのは半数を超え、「どちらでもない(31.4%)」「嫌い(14.6%)」が続く結果となりました。
まずは半数がお父さんを好きと回答したことにホッと胸を撫で下ろしました。お父さんは好きでも嫌いでもないと答えた層が3割いることに、思春期の複雑な心持ちを感じます。

図3 お父さんのことが好きか[N=838 SA]

お父さんのことが好きかのグラフ

また、お父さんは100点満点中採点するなら何点かどうかを聞いてみました。得点の平均は67.8点でした。
点数に対する理由を聞くと、平均点を上回った回答では「家のことをしてくれたり、家族とどっか出掛けたり、遊んでくれたり、仕事が忙がしいのに、いつも、何事にも一生懸命にしてるからです。(17歳・高校生/100点)」、「優しい!お母さんに怒られたときにお父さんが慰めてくれるのが大好き(14歳・中学生/100点)」という声が寄せられました。

一方で、平均点を下回った回答をした子の中には「すぐに怒鳴るから(15歳・高校生/30点)」「仕事でのお父さんは尊敬するけど、家でのお父さんはなんも思わない。むしろ、家でのお父さんは嫌い(16歳・高校生/50点)」というような声が上がってきました。

お父さんとしては平日仕事で忙しくしているので、休日くらいはゴロゴロさせてくれよ…という声が聞こえてきそうですが、家庭での様子もしっかりと見られているようです。

仕事を頑張るお父さんが好き!厳しく接しすぎるのはNG…?

ついで、お父さんの好きなところについて聞いてみました。最も票を集めたのは「仕事を頑張っているところ(58.4%)」、次に「優しいところ(50.7%)」「何かを買ってくれる(40.3%)」が続きます。

図4 お父さんの好きなところ[N=838 MA]

お父さんの好きなところのグラフ

前述の質問で、お父さんについての思い別にクロス集計をしてみたところ、「お父さんを好き」と回答した子ほど好きな部分を複数回答している子が多い結果となりました。

図5 【クロス集計】お父さんへの思い別_お父さんの好きなところ[N=838 MA]

お父さんへの思い別_お父さんの好きなところのグラフ

「お父さんにお願いしたいことはありますか?」という質問も投げてみました。最も回答数が多かったのは「健康でいてほしい(54.9%)」「欲しいものを買ってほしい(37.2%)」、「いろんなところに連れて行ってほしい(28.6%)」という回答が続きます。

図6 お父さんにお願いしたいこと[N=838 MA]

お父さんへの要望のグラフ

こちらの質問もお父さんへの思い別にクロス集計をしてみると、お父さんを好きではないと回答した子は「怒らないでほしい」や「見た目に気をつかってほしい」という回答が、お父さんが好きと答えた子よりも回答が伸びている点が目立ちました。
思春期の複雑な気持ちを持った彼女たちに対して、厳しく接しすぎてしまう点は関係をギクシャクとさせてしまうきっかけになってしまうようです。

図7 【クロス集計】お父さんへの思い別_お父さんにお願いしたいこと[N=838 MA]

お父さんにお願いしたいことのグラフ

父の日認知率は約半分!今年はプレゼントを渡す…?

父の日についての認知率を聞いてみました。今年の父の日についての認知率は「知らない(52.9%)」、「知っている(47.1%)」と回答が半々に分かれる結果となりました。やや知らない派の方が優勢のようです。

図8 今年の父の日の認知度[N=838 SA]

今年の父の日の認知度のグラフ

父の日のプレゼントについて、昨年は贈り物をしたかどうかを聞いてみました。「プレゼントを渡した(37.7%)」が最も票を集め、「プレゼントを渡さなかった(37.1%)」がやや票を下回る結果となりました。

図9 昨年(2017年)に父の日のプレゼントを渡したか[N=838 SA]

昨年父の日にプレゼントを渡したかのグラフ

昨年プレゼントをあげた子は、今年も父の日のプレゼントを考えているのでしょうか?昨年のプレゼントの有無別に、今年の予定についてをクロス集計して見てみました。
昨年プレゼントを渡したという子は「今年もプレゼントを渡す予定(72.5%)」と過半数を超える結果となりました。
また、昨年はプレゼントを渡さなかった子の中の中でも「今年はプレゼントを渡す(12.2%)」と約1割の子が今年はプレゼントを検討していることがわかりました。

図10 【クロス集計】2017年のプレゼント送付有無別_今年のプレゼント予定[N=838 SA]

今年はプレゼントを渡す予定かのグラフ

予算は3000円未満が最多。ファッション小物や食べ物が好まれる結果に

最後に父の日にプレゼントを渡す予定の子に、プレゼントの予算感や何をあげるかを聞いてみました。まず、プレゼントの予算については、「1,000円~3,000円未満(43.3%)」、「500円~1,000円未満(35.4%)」と過半数の子が予算として3,000円未満の範囲で考えていることがわかりました。

図11 プレゼントの予算[N=291 SA]

父の日のプレゼントの予算のグラフ

また、何をあげるかについては、「わからない・まだ決めていない(37.5%)」が最も最多の回答となったものの、「洋服、ファッション小物(13.1%)」「食べ物(お菓子・おつまみ)(12.4%)」「ハンカチ・タオル(7.6%)」といったアイテムが並びました。比較的実用的なアイテムが支持されているように見受けられます。

図12 父の日プレゼントに何を渡す予定か[N=291 SA]

父の日のプレゼントに何を渡す予定か

まとめ:思春期の女子中高生とお父さんの関係について

父の日を控える今回、女子中高生とお父さんの関係について調査を実施しました。中高生というと思春期を迎え、異性の親との関係もギクシャクしているのではないかと考えておりました。しかし、お父さんを好きと回答した子が半分を超えるなどイマドキの女子中高生とお父さんの関係は良好であるように見受けられます。
お父さんを好きと回答した子は、お父さんが仕事を頑張る姿勢や優しいところが好きと回答している一方で、厳しくしすぎることは親子の関係性を複雑にさせてしまうようです。
もちろん甘やかしすぎるのはNGですが、休日もたまには娘とどこかへ出かけたり、コミュニケーションを取ることも大事なのでは、、と筆者は思いました。
世の中のお父さんもぜひ参考にしてみてくださいね♪

関連記事