「女子中高生と動画サービスに関する調査」
~女子中高生の9割超がオンライン動画を利用、女子高生が最も頻繁に動画を投稿するSNSは「Instagram」~

「女子中高生と動画サービスに関する調査」 ~女子中高生の9割超がオンライン動画を利用、女子高生が最も頻繁に動画を投稿するSNSは「Instagram」~

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ( http://lab.prcm.jp/ )」は、「女子中高生と動画サービスに関する調査」を実施いたしました。

<調査概要>

  • 調査テーマ 女子中高生と動画サービスに関する調査
  • 調査対象  スマホを利用する女子中高生
  • 調査期間  2018年5月1日~2018年5月8日
  • 調査方法  インターネットリサーチ
  • 有効回答数 596名
  • 調査主体  プリキャンティーンズラボ
  • ※本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

回答者の属性
~13歳から15歳がボリュームゾーン、スマホのOSは「iOS」が過半数~

回答者の年齢は13歳~15歳がボリュームゾーンとなり、属性別では「中学生(54.5%)」が「高校生(45.5%)」をやや上回りました。利用しているスマホのOSは、「iOS(54.2%)」が過半数に上り、「Android(40.9%)」を上回りました。

(図1)アンケート参加者の年齢分布[N=596 単一回答]

アンケート回答者の年齢のグラフ

(図2)アンケート参加者の属性[N=596 単一回答]

回答者の属性のグラフ

(図3)利用しているスマホのOS[N=596 単一回答]

アンケート回答者が所有しているスマホのグラフ

女子中高生の9割超がオンライン動画サービスを利用、視聴端末は「スマホ」が9割超え

YouTubeは女子中高生のほとんどが利用

まず、女子中高生に「オンライン動画サービスの利用経験」を尋ねました。結果、女子中高生の9割超(90.6%)が、オンライン動画サービスを利用したことがあることがわかりました。

(図4)オンライン動画サービスの利用経験[N=596 単一回答]

オンライン動画サービスを利用したことがあるかのグラフ

続いて、オンライン動画サービスを利用する女子中高生に「オンライン動画サービスを利用する端末」を尋ねたところ、「スマホ(91.7%)」が9割超で突出する結果となり、次いで「テレビ(37.6%)」「タブレット(21.7%)」が続きました。

(図5)オンライン動画サービスを利用する端末[N=540 複数回答]

オンライン動画サービスを何のデバイスで見るかのグラフ

また、「利用したことのある無料オンライン動画サービス」を聞いたところ、「YouTube」が96.7%に上り、女子中高生のほとんどが利用したことがあることがわかりました。その他、「AbemaTV(32.8%)」「ニコニコ動画(無料会員)(29.3%)」も約3割の子が利用したことがあるようです。

(図6)利用したことのある無料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]

利用したことのある無料オンライン動画サービスのグラフ

一方、「利用したことのある有料オンライン動画サービス」については、「利用しない(71.1%)」が7割超となり、女子中高生はあまり有料のオンライン動画サービスは利用しないことがわかりました。それでも「Hulu(11.7%)」と「Amazonプライム・ビデオ(10.0%)」については、1割以上の子に利用経験があるようです。

(図7)利用したことのある有料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]

利用したことのある有料オンライン動画サービスのグラフ

視聴するジャンルは「音楽」「アニメ」「国内ドラマ」「バラエティ」が人気

オンライン動画サービスを利用したことがある子に、「視聴するオンライン動画のジャンル」を聞いたところ、「音楽(66.1%)」が6割超で突出する結果となりました。次いで、「アニメ(39.1%)」「国内ドラマ(38.7%)」「バラエティ・お笑い(38.5%)」がそれぞれ約4割に上りました。

(図8)視聴するオンライン動画のジャンル[N=540 複数回答]

視聴するオンライン動画のジャンルのグラフ
また、最近増えている「恋愛リアリティ」番組について探るべく、2017年4月~2018年5月に主要オンライン動画サービスで放送された7つの番組の視聴経験を尋ねました。結果、「どの番組も見たことはない(66.5%)」が6割を超えたものの、「真冬のオオカミくんには騙されない(19.1%)」「今日、好きになりました(16.1%)」については2割弱の票を集め、それぞれ6人に1人以上に視聴経験があることがわかりました。

(図9)「恋愛リアリティ番組」の視聴経験[N=540 複数回答]

「恋愛バラエティ番組」の視聴経験のグラフ

属性別、SNSでの動画利用の実態は?

動画を視聴するSNSは、中学生「LINEのタイムライン」、高校生「Twitter」

続いて、SNSでの動画利用(視聴・投稿)について調査を行い、中学生/高校生の属性別に比較しました。
「動画を視聴したことのあるSNS」については、中学生は「LINEのタイムライン(75.1%)」が最多となり、「Twitter(50.5%)」、「Tik Tok(46.8%)」と続きました。一方、高校生は、「Twitter(63.8%)」が最多となり、次いで「LINEのタイムライン(54.2%)」「Instagram(52.8%)」も過半数に上っています。

(図10)動画を視聴したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]

動画を視聴したことのあるSNSのグラフ

動画をよく投稿するのは、中学生「LINEのタイムライン」、高校生「Instagram」

また「動画を投稿したことのあるSNS」を尋ねたところ、中高生ともに約4割が「動画を投稿したことはない」と答えたものの、中学生では約半数が「LINEのタイムライン(46.2%)」に投稿した経験があるほか、次いで「Mix Channel(24.0%)」「Twitter(23.7%)」「Instagram(23.1%)」もそれぞれ2割超の子が投稿した経験があることがわかりました。高校生は「Twitter(38.0%)」「Instagram(36.5%)」「LINEのタイムライン(31.0%)」の順となり、それぞれ3割超の子が投稿した経験があるようです。
さらに、「SNSに動画を投稿したことがある」と答えた子に、「最も頻繁に動画を投稿するSNS」を尋ねたところ、中学生は「LINEのタイムライン(35.6%)」が最多、高校生は「Instagram(41.7%)」が最多となりました。
このように、SNSでの動画利用実態については、中学生/高校生の属性別で違いが表れる結果となりました。

(図11)動画を投稿したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]

動画を投稿したことのあるSNSのグラフ

(図12)最も頻繁に動画を投稿するSNS[N=中学生:208、高校生:168 単一回答]

最も頻繁に動画を投稿するSNSのグラフ

よく投稿するSNSは「投稿のしやすさ」「友だち」「視聴者数」がポイント

続いて、「最も頻繁に動画を投稿するSNS」について、そのSNSを使う理由を聞いたところ、女子中高生ともに「投稿しやすいから(55.9%)」「友だちが使っているから(33.5%)」「視聴者数が多いから(25.3%)」という回答が上位に挙がりました。
また、投稿する動画の種類は「日常生活(31.6%)」が最多となり、「ダンス動画(19.7%)」が続きました。

(図13)「最も頻繁に投稿する」と答えたSNSを使う理由[N=376 複数回答]

「よく投稿する」と答えたSNSを使う理由のグラフ

(図14)投稿する動画の種類[N=376 複数回答]

投稿する動画の種類のグラフ

動画を投稿しない理由は「投稿する内容がない」が過半数

なお、前述の質問で「SNSに動画を投稿したことはない」と答えた子に、その理由を聞いたところ、過半数の子が「投稿する内容がないから(55.5%)」と回答したほか、「顔を出したくないから(39.1%)」「恥ずかしいから(31.4%)」が3割を超える結果となりました。

(図15)動画SNSに動画を投稿しない理由[N=220 複数回答]

動画SNSに動画を投稿しない理由のグラフ

本調査の背景

昨今では、インターネットを通じた動画配信サービスである「オンライン動画サービス」が若者を中心に普及しており、「YouTube」や「Abema TV」といった無料のサービスのみならず、「Hulu」や「Amazonプライム・ビデオ」などの有料サービスも多数登場しています。
また、「オンライン動画サービス」を通じた視聴にとどまらず、SNSを通じて動画を視聴したり、投稿したりといったコミュニケーションも多く見られるようになってきています。
そこでこの度「プリキャンティーンズラボ」は、女子中高生の「オンライン動画サービス」の利用実態と、SNSでの動画利用実態を探るべく、調査を実施いたしました。

関連記事