「女子中高生の福袋についての調査」
~今年の福袋は9割以上が「満足」と回答!~

「女子中高生の福袋についての調査」 ~今年の福袋は9割以上が「満足」と回答!~

10代女子を対象に「福袋について」のアンケートを実施いたしました。

<調査概要>

■ 調査テーマ 福袋について
■ 調査対象  10代の女の子
■ 調査期間  2018年1月5日~2018年1月9日
■ 調査方法  インターネットリサーチ
■ 有効回答数 887名
■ 調査主体  プリキャンティーンズラボ
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

【調査結果】

ボリュームゾーンは14~15歳!6割が中学生

2018年1回目のアンケートは、12~19歳までの中学生~大学・専門学生を対象に行いました。回答者数が多かったのは、「14歳(23.0%)」と「15歳(23.1%)」の中間年齢層。
また、職業では、中学生が63.6%と6割以上を占めました。

 

図1:回答者の年齢 [SA n=887]

回答者の年齢のグラフ

 

図2:回答者の職業 [SA n=887]

回答者の職業のグラフ

 

6割以上がiPhoneユーザー!Androidは約3割

「使用しているスマートフォンのOS」を聞いたところ、iPhoneが61.9%、続くAndroidが30.8%という結果になりました。10代女子の9割以上がスマートフォンを持っていることも判明しましたが、「スマートフォンをもっていない(3.7%)」という少数派がいることもわかりました。

 

図3:回答者の使用しているスマホのOS [SA n=887]

回答者の使用しているスマホのOSのグラフ

7割近くの女子が福袋を購入していなかった

「2018年の福袋は買ったのか、またどんな福袋なのか」を聞いてみたところ、「購入していない」という回答が67.0%とダントツで、次の「ファッション系(23.7%)」を大きく引き離すという結果となりました「ファッション」の次には、「コスメ・美容系(10.0%)」「雑貨系(8.8%)」が続きました。

 

図4:購入した2018年福袋のジャンル [MA n=887]

購入した2018年福袋のジャンルのグラフ

福袋の金額は「~5,000円未満」と「5,000~10,000円未満」が3割を超えて同列

「2018年の福袋を買った」と回答した人に、「2018年の福袋で使った金額」を聞いてみたところ、「~5,000円未満(37.1%)」と「5,000~10,000円未満(35.7%)」が3割を超えてほぼ同列となりました。「10,000~20,000円未満(16.7%)」「20,000~30,000円未満(8.2%)」が続き、少数派ですが「50,000円以上(0.7%)」の福袋を買ったと回答した人もいました。

 

図5:購入した2018年福袋の金額 [SA n=294]

購入した2018年福袋の金額のグラフ

9割以上が「2018年の福袋は当たりだった」!

「2018年の福袋を買った」と回答した人に、「購入した福袋は当たりだったのか、ハズレだったのか」を聞いたところ、90.5%の人が「当たりだったと思う」と回答。概ね、年明けから満足のいく買い物ができたことが推測されます。

 

図6:購入した2018年福袋は当たりだったかハズレだったか [SA n=294]

購入した2018年福袋は当たりだったかハズレだったかのグラフ

 

また、その理由を聞いてみたところ、

<当たりだったと思う派>

・使いやすいものばかりが入っていたから

・欲しいものが手に入ったから

・満足するものが入ってた

・値段よりもいいものがたくさん入っていたから

 

目当ての商品や、それ以上に満足する商品・お値段以上の商品に出会えたことで「当たり」だと思ったようです。

 

<ハズレだったと思う派>

・似たようなものが沢山はいっていた

・自分に合わないテイストの福袋だった…

・売れ残りの物が多かったから

・使わないものが多かった

 

一方で、「ハズレだった」派の意見からは、使い勝手に困るような商品や似たような商品が多くてガッカリしてしまった様子が伺えます。

【調査結果まとめ】

「2018年の福袋を買った」10代の女子は、アンケート回答者数の割合ではとても少数でした。しかし、その中で約9割以上が「当たりだった」と回答していることから、満足度の高い買い物ができたことが伺えました。今年も、10代女子の実態に迫るようなアンケートを随時行ってまいりますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

関連記事