2017年の重大ニュース、イマドキの女子高生はどう考える?『トランプ大統領の発言の強さには好印象』『日本の政治は若い人への距離が遠い』『北朝鮮のミサイル発射で戦争の脅威を感じた』

2017年の重大ニュース、イマドキの女子高生はどう考える?『トランプ大統領の発言の強さには好印象』『日本の政治は若い人への距離が遠い』『北朝鮮のミサイル発射で戦争の脅威を感じた』

プリキャンティーンズラボでは、現役高校生の実態を調査するため、定期的にインタビュー調査を行っています。今回は2017年の締めくくりとして、現役高校生7人に、今年話題になったニュースについて、どう感じているのかを聞いてみました。

 

《プリキャンアンバサダー紹介》

※集合写真左から
阪倉さん 高校2年生。韓国アイドルが好き。
清水さん 高校2年生。野球を見るのが好き。
和田くん 高校1年生。モデルとしてイベントに出演中。
日野さん 高校3年生。受験生。幼稚園からダンスをやってる。
田中さん 高校2年生。サッカー部のマネージャー。
高橋さん 高校1年生。Hey! Say! JUMPが好き。
佐瀬さん 高校1年生。関ジャニ∞が好き。

 

《プリキャンアンバサダーとは》

都内近郊に住む現役JK・DK(女子高生・男子高生)で、おしゃれスポットや最新のトレンドが好き!TwitterやInstagramなどのSNSが好き!プリキャンを通じて自分の好きなものやハマっていることを発信したい!という今ドキの高校生たちです。

 

「トランプ大統領就任」、「北朝鮮のミサイル発射」、「衆議院選挙」は、高校生たちの目にこう映った!

 

――2017年に起こった主要ニュースの中で、編集部では、1月のトランプ大統領就任、8月の北朝鮮のミサイル発射・北海道上空通過、10月の衆議院選挙が大きなトピックだと思うんだけど、みんなはどう思う?

 

<トランプ大統領就任>

 

佐瀬さん:私はこの春受験生だったので、高校受験の面接の時にトランプ大統領のことを聞かれました。
個人的にはクリントンさんが勝つと思ってたんですけど、トランプ大統領が勝ってて、これからどうなるだろうってすごく心配しました。というのも、トランプ大統領の政治のやり方はなんか、強引な感じがして、あんまり好きじゃなくて(笑)

 

田中さん:トランプ大統領が就任した時に、Twitterで「日本はもういい」みたいな発言をしてたのを見て、「本当に戦争になるんじゃないかな?」って思ってたんですけど、安倍さんと手をつないでる写真をTwitterとかニュースで見て、大人の付き合いってすごいなって思いました(笑)

 

日野さん:誰かがTwitterとかで「トランプさんがこんなこと言ってる」ってスクショを流してたもんね。

 

田中さん:そう、そういうのを見てたから、けっこうやばいなって思ったの。

 

清水さん:みんなはトランプさんは危ないみたいなことを言ってるんですけど、私個人としては、自分の考えをはっきりストレートに言えるのって、今の世の中じゃけっこう求められてるんじゃないかなって思うんです。
確かに言ってる内容は過激だったりするかもしれないけど、自分の意見をしっかり持って、それを真っすぐに堂々と言えるのは、日本人にはできないことだから、そういうのができる点で、トランプ大統領はすごいなーっていう思いもあります。

 

和田くん:確かに外国人らしいよね

 

日野さん:日本人はそういうのなかなか言えないからね。

 

清水さん:トランプ大統領の発言でSNSとかもけっこう荒れてるけど、何にも言えなくて、まわりに流されちゃうような人が大統領になる位なら、しっかり自分の意見を持ってる人の方が大統領になったほうが未来は明るいのかなって、思います。

 

若い人たちが政治に関心が無いのではなく、政治の距離が遠いのが要因?

 

 

――ちなみに、日本の政治家はどう思う?

 

清水さん:日本は若い人が政治にあまり関心を持ってないんじゃないかなって思うんですけど、政治をしてる方々にも原因はあると思うんです。日本の政治家たちはトランプ大統領みたいに前に出ないから、若い人たちには何をしているかわからない。

 

日野さん:確かに、そこまで話題になる人いないよね。話題性もないし、意見もないからパッとしない感じがする。

 

清水さん:みんなが関心を持ちにくいんだと思います。演説とかでも、「当選したら〇〇に変えます!」とか、当選するために言ってるんじゃないかなって疑っちゃうところがあって。トランプ大統領は、まわりの人がどう思うかとかじゃなくて、自分の考えを発信してると思うんです。でも、日本の政治家は、みんなに支持されるために、自分はどうあるべきかっていうのを考えてやってるような気がします

 

和田くん:そもそも日本は、若い人と政治との距離が遠いと思います。

 

――若い人と政治の距離はどうやったら近づくと思う?

 

日野さん:うーん…。順序だてて、わかりやすく説明してほしい(笑)

 

阪倉さん:「忖度(そんたく)」とか、わかんないし(笑)

 

日野さん:最近は政治家とかもTwitterやるようになったから、私たちとの距離が近づくのかなって思ったけど、もうちょっといいことつぶやいてほしいって言うか、もうちょっと発信力あればいいのになって思います。

 

自分が生きている間に戦争は起こらないと思ってたけど、考えが変わった

 

<北朝鮮 ミサイル発射・北海道上空通過>

 

阪倉さん:私、韓国が好きなんです。もしかしたら、これから韓国に行けなくなるのかもしれないって思って、この時はニュースをめっちゃ見てました。

 

和田くん:僕も3つの中なら、北朝鮮のニュースが一番ビックリした。自分が生きてる間には戦争はないだろうって思ってたから、「もしかしたら戦争が起こるかもしれない!?」って思ったら、すごく怖くって…。

 

高橋さん:北朝鮮のミサイルが日本に落ちたら本当にどうしようって思いました。戦争もヤダし、友だちとも学校で「ヤバいよね」って話をしてました。

 

次のページ:選挙権を持った女子高生、10月の衆院選は投票した?

関連記事