女子中高生に「飲料に関する調査」を実施
~女子中高生の半数が炭酸が好きと回答~

女子中高生に「飲料に関する調査」を実施 ~女子中高生の半数が炭酸が好きと回答~
プリキャンティーンズラボでは10代の女子を対象に「飲料に関する調査」を実施しました。

<調査概要>

  • ■ 調査テーマ 飲料に関する調査
  • ■ 調査対象  10代女子
  • ■ 調査期間  2016年5月19日~2016年5月20日
  • ■ 調査方法  インターネットリサーチ
  • ■ 有効回答数 2,891名
  • ■ 調査主体  プリキャンティーンズラボ
  • ※本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

【調査結果】

■回答者の属性

回答者のボリュームとしては、中学生42.5%、高校生51.9%と、回答としては9.4%高校生のほうが高くなりました。
また回答者の属性として、部活に所属する割合は7割を超え、運動部が40.4%、文化部が32.7%という結果でした。


(図1)アンケート参加者の年齢分布
[N=2,891 単一回答]
アンケート参加者の属性
(図2)アンケート参加者の属性
[N=2,891 単一回答]

(図3)部活に所属しているか
[N=2,891 単一回答]

■10代女子の約半数が炭酸飲料が好きだと回答

好きなドリンクの種類を調査したところ、炭酸飲料(47.6%)、紅茶系飲料(36.8%)、果実飲料・野菜飲料(32.1%)という結果となりました。
またドリンクを飲むタイミングとしては、運動の後(25.9%)、友だちといるとき(22.8%)、おやつを食べるとき(21.9%)、食事時(21.7%)という順に並び、運動の後がやや回答率が伸びた以外は、ほぼ横並びとなりました。

好きな飲料の種類
(図4)好きな飲料の種類
[N=2,891 単一回答]

(図5)飲料を飲むタイミング
[N=2,891 単一回答]

そのドリンクを好きな理由までは調査できていませんが、前述のとおり、部活に所属する回答者が4割程度いるということで、部活帰り、疲れを感じたときに、炭酸飲料の爽快感を味わいたいと思う10代女子がいるのかもしれません。

■年齢を重ねるにつれドリンク購入本数が増える傾向。ドリンクを買う際の決め手は味!

10代女子が月間にどのくらいドリンク(ペットボトル)を飲むかどうかに関して、世代ごとにやや傾向が異なっていました。
中高生では月の購入本数は「0~4本」が群を抜いて回答率が高く、10本以上ドリンクを購入する割合は30%程度しかいませんでしたが、大学生になると、月に20本以上ドリンクを飲む割合が19.3%と急上昇しました。大学生になると、進学と共に一人暮らしをしたり、アルバイトをして生計をたてたり、とある程度自分自身で自由にお金を使うことができることが、この結果にも影響しているのかもしれません。
またドリンクを購入する際の決め手は何か、という問いに対して、半数以上の10代女子が「味(55.0%)」と回答しました。次いで「価格(32.0%)」、「カロリー(9.0%)」という結果でした。ドリンクの価格帯は、缶・ペットボトルでどの商品でも、どの会社のどのブランドでも同じのため、購入の後押しとなるのは、味なのかもしれません。

月間どのくらいドリンクを飲むか
(図6)月間どのくらいドリンクを飲むか
[N=2,891 単一回答]

(図7)購入の決め手
[N=2,891 単一回答]

【本調査の背景】

プリキャンティーンズラボでは、定期的に10代女子の生態について調査を行っています。今回は、飲料についての調査を行いました。

【「プリキャン byGMO」とは】(URL:http://prcm.jp/

「プリキャン byGMO」は、“女の子の新しいhappyのかたち”をコンセプトにしたコミュニティサイトです。写真と画像でつながるコミュニティサービス「プリ画像」や、気軽に相談・アドバイスがもらえる「プリキャンQA」をはじめとする10代の女の子向けのコンテンツを展開しており、2015年3月からは、記事へのコメントやGOOD/BAD機能を通じてユーザー同士がコミュニケーションできるニュースサイト「プリキャンニュース」を提供しています。

【「プリキャンティーンズラボ」とは】

「プリキャンティーンズラボ」とは、「プリキャン byGMO」が設立した、10代の女の子のスマートフォンライフや日常生活を調査・発表するGMOメディア社内に置かれた研究機関です。スマートフォンネイティブである「プリキャン」ユーザーの日常生活を研究していきます。

関連記事