【新企画】アンバサダーが行く!街頭インタビューvol.2原宿編
~どこもかしこもYouTuber(ユーチューバー)!より身近に感じられるYouTuberたちが彼女たちの大ブームに!~

【新企画】アンバサダーが行く!街頭インタビューvol.2原宿編 ~どこもかしこもYouTuber(ユーチューバー)!より身近に感じられるYouTuberたちが彼女たちの大ブームに!~

ここ数年で動画配信サービスが発展して、一般人でも気軽に「配信側」に回れるようになった昨今。YouTubeやTik Tokなどの動画サービスは10代の女子たちの間でも当たり前のエンターテイメントのひとつとなりました。
その中で、無視できないのがYouTuber(ユーチューバー)たちの存在です。
彼らを起用したPR事例も多く、10代の若者への影響力には目を見張るものがあります。

先日おこなったプリキャンティーンズアンバサダーに同行してもらった原宿インタビュー当日は、偶然にも
YouTuber(ユーチューバー)が主催する期間限定カフェ(「しばなん×SPINNS produced by Kiii」)が出店されていました。
そこで、お店に行ってきたという子たちにインタビューをおこないました。

<今回同行してくれたアンバサダー>

  • 日野さん(写真右)
    この春から大学1年生。実は、GMOメディアでバイトをすることが決まっている。皆さん、よろしくお願いします!
  • 田中さん(写真左)
    この春から高校3年生。サッカー部のマネージャーをしている。ジャニーズが好き。

    プリキャンアンバサダーの写真

早速、インタビュー開始っ!

スピンズコラボの期間限定「YouTuber(ユーチューバー)カフェ」とは?

――今、何年生ですか?

女子高生A・B:この春中学を卒業しました。

――おめでとうございます!

女子高生A・B:ありがとうございます!

――春から高校生ですよね?

女子高生A:はい。

――今日はなんで原宿に来たの?

女子高生A:好きなYouTuber(ユーチューバー)さんのカフェが期間限定でできたので、それ目当てと、あと…

女子高生A・B:ジャニーズショップ(笑)

――YouTuberさんってどなたですか?

女子高生A・B:しばなんです。

――「2.5SPINNS CAFE」でやっていた、しばなん?

女子高生B:しばなんチャンネルのカフェ?みたいなやつです。

――へー、お店には入れた?

女子高生A・B:はい!

――本人には会えるの?

女子高生B:いえ、本人には会えないんですよ~。

女子高生A:たまに来るみたいなんですけど。

――しばなんがプロデュースしてるカフェってことだよね?

女子高生B:そうです。

女子高生A:コラボしたカフェみたいな感じで。

――カフェでは何食べたの?

女子高生A・B:オムライスとチーズケーキと牛乳寒天(笑)

,

――けっこう食べたね(笑)写真とか撮った?良かったら見せてもらってもいい?

女子高生B:いいですよ~。あと、なんか、こういうコースターとかもらいました。

――へー、しばなんて、この人かー。Tik Tokとかにも動画を載せてるね。

女子高生B:そうそう!夫婦YouTuberです。

しばなんチャンネルとは?

Kiii所属の夫婦YouTuber(ユーチューバー)で、旦那さんのしばゆーさん・奥さんのあやなんさん、
子供のぽん君の三人家族の幸せいっぱいほんわかチャンネルです。
今回、インタビューに参加してくれたJKはしばなんの大ファンで、しばなんカフェが出店されることを知り、原宿にやってきたんだとか。
そのカフェではしばなんが考案したレシピを実際に提供。(YouTube上で実際に放送したものを再現しているレシピも。) 原宿竹下通りらしい、おしゃれと愛が詰まったカフェです。

4月27日(金)~6月10日(日)までの期間、カフェサンリオキャラクター大賞とSPINNSカフェがコラボ!
オリジナルコラボTシャツも発売いたします! 詳しくはこちら!
http://www.spinns.com/news/sanrio_collabo/

「朝一番で並びたい!」YouTuber(ユーチューバー)が人気を集めるワケ

――ちなみに今日は何時から原宿にいるの?

高校生A:10時半くらい?

――早いね。あ、でもカフェ行ったりしてたからか。

高校生B:そうです!朝一番にいって早く並びたかったから。

日野・田中:混んじゃうから?

高校生A:すっごい並んでるんですよ。

日野・田中:さっき前を通った時、カフェの入り口(地上3階)から竹下通りの道まで並んでたもんね!!!

――今日、この後はどうする予定なの?

高校生A:この後は、原宿プラプラしよっかなーって感じです。

――そっかー、じゃあ最後に、今日一日でどのくらい使ったの?

高校生A:カフェでけっこう使っちゃったんですよねー。…たぶん、1万円いかないくらい?

日野:写真とか買っちゃったら、けっこういくよね。

――高校生からしてもけっこう高い?

田中:1万円は高いよね

日野:バイトしてるとお金の大切さがよくわかるよ(笑)「使えない!」みたいな(笑)

高校生A:今は、卒業祝いとか入学祝いとかでお小遣いをもらったばっかで、余裕があるからまだ大丈夫。

高校生B:余裕がないときはムリだよねー。

日野:原宿来て遊ぶから、せっかくだしお金を使おうっていう感じなのかな。

番外編 彼女たちの推しカメラアプリとは…?

――今日は2人で写真を撮ったりした?

女子高生B:撮りました。

――見せて見せてー。一番盛れてる(可愛く写ってる)やつとか。

日野:(可愛く写真を撮るには)やっぱ、SNOWとかは使うの?

女子高生B:そうですね~。

――(画像を見ながら)かわいい~!じゃあ、オススメアプリとかありますか?

高校生A:わたしはよくSNOWを使います。

田中:SNOWは、めっちゃ進化してるしね~。

高校生A:カメラアプリはB612を使ってます。

B612とは?

今女子高生に大人気セルフィー(自撮り)用カメラアプリ。
目は大きく、肌は白く、あごはシャープに自動で補正してくれるフィルターが【盛れる】と話題に。
また、動物の耳やヒゲが自動でくっついてくれるフィルターや、オモシロ系フィルターも充実しており、イマドキJKのマストアプリとなっている。

プリキャンティーンズラボ編集部が試してみました!

【通常カメラ(iPhoneX)で撮った写真】

画質が良すぎて、シミやおでこのしわ・目の下のクマが目立ちますね…

【B612のアプリを使って撮った写真】

クマやシミなどはなくなりふんわりとした肌感へ。目は大きく、あごはシャープになっているのが分かります!
まさにイマドキJKの悩みをシャッター一つで一挙に解消してくれるツールとなっているようです。
※B612はインカメラにすると反転するので注意!

この取材でわかったこと

春休みでにぎわっている竹下通りをぐるっとまわり、取材を通してわかったことを4つのポイントにまとめました。

  • この日は学生たちの春休み終盤。女子中高生(なかでも春から高校生になる中学生)が非常に多かった
  • YouTuber(ユーチューバー)が登場するイベントが原宿各地で開催。イベント会場には多くの女子たちが!
  • コスメレビュー動画・「~やってみた」系動画・ダンス動画などは人気。
  • 推しているグループの動画はチャンネル登録。チャンネル登録数は多い人で20以上登録している人も。チャンネル登録したグループが投稿すればジャンルを問わず、とりあえず見る

イマドキJKたちはTVを見る代わりに、自分の時間はYouTubeをみることが主流になっており、YouTuber(ユーチューバー)が紹介した商品は翌日には市場から”消える”んだとか…
自分の写真や趣味趣向を自分から自由に発信できる今、以前の「アイドル文化」とは全く異なる身近さが新しい価値観になってきているのだと女子中高生の話を聞いて思いました。

女子中高生が使う、数ある動画サービスについての詳しい調査については「女子中高生と動画サービスに関する調査」~女子中高生の9割超がオンライン動画を利用、女子高生が最も頻繁に動画を投稿するSNSは「Instagram」~」をご覧ください!

本調査結果の引用・転載について

本調査の一部を引用・転載される場合には、出典として「プリキャンティーンズラボ」及び調査名称「【新企画】アンバサダーが行く!街頭インタビューvol.2原宿編~どこもかしこもYouTuber(ユーチューバー)!より身近に感じられるYouTuber(ユーチューバー)たちが彼女たちの大ブームに!~」とURL(http://lab.prcm.jp/ambassador-interveiw-harajuku-youtuber/)の併記をお願いいたします。

関連記事