女子中高生のトレンド変遷について~検索上位データより~

女子中高生のトレンド変遷について~検索上位データより~
こんにちは。プリキャンティーンズラボです。今回は弊社が運営している「プリキャン(http://prcm.jp/)」から女子中高生のトレンドをお伝えしたいと思います。「プリキャン」はユーザーが気に入った画像を投稿・検索できるサービスで、女子中高生の割合が8割のWEB媒体です。画像検索数の上位データを抽出し、年を追ってどのようなワードが女子中高生に人気で、どういったトレンドの変遷を辿るかを追いたいと思います。
検索上位ワード(2014年~2016年)
(図1) プリキャン内検索上位ワード(2014年~2016年)             
 

■LINEのタイムラインで遊ぶ!?女子中高生

まず2014年で登場する、「タイムライン」「タイムライン ネタ」というワードですが、これは若者の9割が使用していると言われているSNSアプリ『LINE』特有の文化です。
 LINEの中でのタイムラインという機能をご存知でしょうか?タイムラインとは、テキストや画像、動画、スタンプで自分の近況を友だちに共有したり、友だちの近況を確認することができる機能です。女子中高生の間では、このタイムラインに、自分の聞きたいことや近況について画像つきで投稿することが流行しているようです。

タイムライン画像(例1)
(図2) タイムライン画像例           
タイムライン画像(例2)
(図3)タイムライン画像例

画像の中には、選択肢に応じて何種類かのLINEスタンプが配置されます。この画像をタイムライン上で見た女子中高生たちは、質問の答えに応じたスタンプを押すことで、回答を示します。スタンプの反応を見て楽しむ彼女たちの様子がこの結果から見て取ることができます

■友情・愛情の確認!ペア画で仲の良さをアピール

次に、2015年から「ペア画」というワードです。これは、仲の良い友だち同士やカップルで一つの絵や画像を半分に分けたものを待ちうけにする女子中高生独自の文化です。下図のように、一人では何の形だか分からない画像も、対になっているもう1枚を組み合わせるとハートの形が浮かび上がってきます。

ペア画例
(図4) ペア画例1             
ペア画例
(図5) ペア画例2

2人で1つの画像を共有することが、友だち同士での仲の良さや、恋人同士での愛情の深さをアピールするツールとなっており、自己承認欲求の強い10代女子に特有の文化であるように見て取ることができます。

■自撮りの検索数増加は写真アプリなどツールが増えた影響?

それでは2016年を見てきましょう。2016年で検索の増えたワードの中に「自撮り」があります。これはその名のごとく自分を撮影する行為で、googleトレンドを見ても2014年を境に検索数が特に伸びており、今年に入っても引き続き右肩上がりとなっております。

googleトレンド(自撮り)
(図6) googleトレンド(自撮り)              

プリキャンで自撮りを調べると、女子中高生の間で盛れると評判の『SNOW』や、同じく自撮りアプリで話題の『SnapChat』で撮影した画像が多く投稿されているようです。これらのアプリは2015年秋ごろからじわじわと流行りだし、今では芸能人も使用していることで更に人気に拍車がかかっています。さまざまな種類の写真アプリがリリースされ、自撮りをするツールが増えたことで、女子中高生たちが自撮り写真を投稿するハードルが下がり、投稿数が増えたと思われます。

■今ドキ女子中高生にささるのは「ゆめかわいい」!?

2016年の検索上位ワードの中にある「ゆめかわいい」というワード。これは一見想像しがたいワードではあるのでしょうか。「ゆめ(夢)」+「かわいい」という2つの単語の組み合わせであるこの言葉は、文字通り夢みたいにかわいいものを総称する際に用いられるワードです。

“「ゆめかわいい」はファッションの新たなジャンルとして使われる言葉で、パステルカラーを基調にした、ユニコーンやペガサス、星空、天使の羽、アニメの魔法少女etc……。統一感があるようで無い、なんとも言語化しにくいファッションなのです。”

「ゆめかわいい」はなぜ文化となったのか? メディアを横断して得た市民権
http://kai-you.net/article/31184

 プリキャン内では、通常の写真を淡くパステル調にカメラアプリで加工を行い投稿している画像や、「ゆめかわいい」画像にオリジナルポエムなどを組み合わせて投稿するなど、加工素材としての使われ方もしているようです。

ゆめかわいい画像例1
(図7) ゆめかわいい画像例1           
ゆめかわいい画像例2
(図8) ゆめかわいい画像例2   

この結果をふまえて、弊社アプリのストア背景画像を「ゆめかわいい」を意識したものに変更したところ、ダウンロード率が10%改善したという事例もありました。女子中高生のハートを掴む場合、「ゆめかわいい」を意識すると効果が出やすいかもしれません。

pricanアプリストアキャプチャ
(図9) pricanアプリストアキャプチャ         

【まとめ】

今回は女子中高生向けの調査データ提供ではなく、弊社サービスのデータを使った分析を行いました。結果として、検索上位データに関して各年のトレンドを反映するような微妙な違いがあることが分かりました。今後もティーンズラボでは検索データの分析や、サービスデータを使った女子中高生の心理分析を行っていきたいと思います。

【「プリキャン byGMO」とは】(URL:http://prcm.jp/

「プリキャン byGMO」は、“女の子の新しいhappyのかたち”をコンセプトにしたコミュニティサイトです。写真と画像でつながるコミュニティサービス「プリ画像」や、気軽に相談・アドバイスがもらえる「プリキャンQA」をはじめとする10代の女の子向けのコンテンツを展開しており、2015年3月からは、記事へのコメントやGOOD/BAD機能を通じてユーザー同士がコミュニケーションできるニュースサイト「プリキャンニュース」を提供しています。

【「プリキャンティーンズラボ」とは】

「プリキャンティーンズラボ」とは、「プリキャン byGMO」が設立した、10代の女の子のスマートフォンライフや日常生活を調査・発表するGMOメディア社内に置かれた研究機関です。スマートフォンネイティブである「プリキャン」ユーザーの日常生活を研究していきます。

以上