10代女子に「プリクラについてのアンケート」を実施~プリクラを撮る頻度は月1回〜、撮ったシールは保管派が多数~

10代女子に「プリクラについてのアンケート」を実施~プリクラを撮る頻度は月1回〜、撮ったシールは保管派が多数~

<調査概要>

  • 調査テーマ プリクラに関する調査
  • 調査対象  10代女子
  • 調査期間  2017年6月27日~2017年6月29日
  • 調査方法  インターネットリサーチ
  • 有効回答数 344名
  • 調査主体  プリキャンティーンズラボ
    ※本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

 

【調査結果】

回答者の属性

~中学生が5割超、1415歳がボリュームゾーン~

回答者の属性は、中学生が過半数を占め、高校生が約4割となり、14~15歳がメインとなりました。使用しているスマホのOSは「iOS(57.8%)」が「Android(38.1%)」が上回る結果となりました。

図1 アンケート参加者の年齢

[N=344 単一回答]

図2 アンケート参加者の職業

[N=344 単一回答]

図3 使用しているOS

[N=344 単一回答]

 

プリクラを撮る頻度は月1回以上が4

女子中高生に、直近1年間のプリクラを撮る頻度について伺いました。最も多かった回答が「月2~3回(30.8%)」でした。次いで「2~3ヶ月に1回(27.9%)」「月1回(11.3%)」という回答が続きます。このことから、プリクラを撮る頻度が月1回以上の女子中高生が4割近くいることがわかります。それに対し、「プリクラはほとんど撮らない(9.9%)」と、プリクラを撮る習慣があまりない女子も一定数いることがわかりました。

図4 プリクラを撮る頻度

[N=344 単一回答]

 

撮るのは、友だちと遊んだときやイベントのとき

また、プリクラを撮るタイミングについて、あわせて尋ねました。9割が「友だちと遊びに行ったとき(91.0%)」と答え、友人同士のコミュニケーションの一つとなっていることが伺えます。その他、「学園祭・体育祭など学校のイベントがあったとき(29.7%)」「自分 / 友だちの誕生日などのイベントがあったとき(27.9%)」など何らかのイベントがあるときや、「気が向いたら / なんとなく(34.6%)」という回答も見られました。

図5 プリクラを撮るタイミング

[N=344 複数回答]

 

撮ったプリクラのシールは保管派が多数

撮ったプリクラのシールはどうするのか聞いたところ、「お財布の中に入れておく(72.1%)」「缶 / ケースなどに入れて保管(40.7%)」が回答の多くを占め、ほとんどの女子中高生がプリクラを撮った後はそのまま保管していることがわかりました。「プリクラ帳 / アルバムを作る(16.9%)」や「小物などに貼る(9.3%)」とした人も少なからずいましたが、「友だちと交換する(4.9%)」のは5%未満と少数派のようです。

図6 プリクラの保管方法

[N=344 複数回答]

 

最後に、プリクラを撮る際の定番ポーズについて自由回答にて伺いました。定番のポーズはやはり「ピース」。その他、あごを手で押さえる「虫歯ポーズ」、親指と人差し指をクロスして小さなハートを作る「指ハート」、韓国のアイドルグループ・TWICE発の「TTポーズ」や「変顔」などをしてプリクラを撮っているようです。

プリクラを撮る際定番のポーズ(自由回答:上位5位) 回答数
ピース 75
虫歯ポーズ 21
指ハート 16
TTポーズ 12
変顔 10

 

【調査結果まとめ】

今回は、10代女子に対し、プリクラについてのアンケートを行いました。4割の女子中高生が月1回以上プリクラを撮っていて、友だちと遊んだときや、学園祭や体育祭、誕生日など何らかのイベントがあるときに撮りに行くようです。また、多くは撮ったプリクラのシールは財布の中やケースに入れて保管しており、いまどきの女子中高生はプリクラをお互いに交換する文化はあまりないことがわかりました。プリクラを撮る際の定番ポーズはピースや虫歯ポーズ、指ハートが人気のようです。

 

「プリキャンティーンズラボ」とは、「プリキャン byGMO」が設立した、10代の女の子のスマートフォンライフや日常生活を調査・発表するGMOメディア社内に置かれた研究機関です。

10代の女の子の生態を広く深く調査し、情報収集、発信を行ってまいります。

10代女子のマーケティングに役立つリサーチをご検討されている方は、是非お問い合わせ下さい!