女子高生の疑問「吸ってる人は、なんでたばこをやめられないの!?なんで今、受動喫煙対策なの?」現役女子高生が聞く!Vol1.「厚生労働省
健康課 受動喫煙対策担当
原渕さん」

女子高生の疑問「吸ってる人は、なんでたばこをやめられないの!?なんで今、受動喫煙対策なの?」現役女子高生が聞く!Vol1.「厚生労働省 健康課 受動喫煙対策担当 原渕さん」

「なんでたばこをやめられないの!?」女子高生の疑問に厚生労働省の原渕さんはどう答えるのか!?


多くの人にたばこの害を伝えていて、喫煙が体に悪いということがわかっているのに、なかなかやめられないのはどうしてですか??


それは、たばこの中に入っているニコチンが原因です。ニコチンは依存性が強く、体内のニコチンがなくなるともっとニコチンが欲しいと脳が反応してしまうため、一度吸ってしまうとなかなかやめられないんですね。

だからこそ、吸わないということが大事なんです。


吸わないのが大事なのはわかったのですが、吸ってしまった人にたばこをやめるような対策は取られているんですか?


スパッとやめられればいいのですが、やめられない場合は市販の禁煙補助薬や禁煙外来で治療する方法があります。例えば、ニコチンパッチという薬があります。これは貼り薬でニコチンを体内に取り入れて、その量を徐々に減らしていき、最終的には禁煙に繋げるものです。
ちなみに、たばこを吸うと発がん性物質を吸い込むことになるんですが、たばこを吸うことによって発がん性物質は何種類くらい吸い込むことになるかわかりますか?


4種類?

筒井さん
じゃあ、6種類くらい?

実は約70種類なんですね。


多い!

少なく言ってくれてありがとう、700とか言われたらどうしようかと(笑)

(笑)

そうなんです、とても多いんです。

昨年発表された研究データでは、受動喫煙を受けてしまっている人とそうではない人の健康被害を比較した結果、肺がんになる確率は受動喫煙を受けている人の方が、受けていない人に比べ約1.3倍、脳卒中になる確率も同じく約1.3倍高くなるという結果が出ました。そして、赤ちゃんが急に亡くなってしまうという、乳幼児突然死症候群(SIDS)になるリスクはなんと約4.7倍にもなるという結果が出ています。

筒井さん
親が吸ったたばこの煙によって、赤ちゃんが亡くなってしまうということですか?

そうですね。だから子供の前や妊婦さんの前、がんの患者さんやぜんそくをお持ちの方の前でたばこを吸うのは非常に危険だからやめましょうということを訴えているんです。

ここに、過去1ヶ月間に受動喫煙に遭遇した、たばこを吸わない人の割合というデータがあります。

(出典:受動喫煙防止対策強化の必要性他|厚生労働省

各店舗や業界などそれぞれ努力されていますが、やはり限界があります。だからこそ、今回法律を作って、飲食店など人が集まる屋内では原則禁煙にしていこうという流れになっています。

次ページ:世界のスタンダードは「屋内全面禁煙!?」日本は世界で最低レベルって?

1 2 3 4 5